みかんの着色の仕組み

最近、みかんの収穫をお手伝いしている時に疑問に思った点がある。

『みかんの着色はどうやったら進むのか?』

みかん色付き

よく言われているのが、2点

  1. 気温が下がったら進む
  2. 太陽の光によく当たると進む




う〜ん、1番目は納得がいくのだが、

2番に関しては、疑問に思う事が…

というのも、もし太陽の光が良く当たる方が着色が良いとするなら、

みかんの樹の一番上のほうが着色の進みが早いはず。

でも、収穫の手伝いをしてわかったのだが実際はそうはならない。

ハウスみかん

着色の色付きがいいのは、

葉っぱの後ろに隠れた1個なりのみかんや、

一番下になっているみかんが色づきが良い。

その他に、みかんのサイズが大きいみかんが色づきが早い。

『太陽の光によく当たると色づきが進む』というだけでは、ちょっとクエスチョンマークが浮かぶ。

太陽の光だけではなく、色づきには他の何かが関係して、それがみかんの中にあることによって

太陽の光でそれが促進して色づきが進む気がしてならない。

それがないと、太陽の光だけでは中々黄色に色づきが進まないような気がする。

何個も連なっているみかんは論外で、色づきがとても悪い。

外側の色づきは良いが、重なったところは最後まで中々色づかない。

誰かみかんの色づきに関して、こうすれば早いというのがあればぜひ教えてほしいです!!