農業所得と労働時間を比べ効率的に儲かっている農業は?




ど~もご無沙汰しております

あぐりです。

今日は、なぜアグリがみかんを選択したか軽い雑談を!!

品目別の農業所得と労働時間

ま~~~ったく、農業初心者の自分が農業をしようと思ったのは、

単純にみかんが好きだったのと、これから農業はビジネスとして面白いなと思い、

農業をしようと決意しました。

温州みかん

今は勉強中の研修生です(笑)

まぁ農業をするといっても、幅が広く農業のくくりで言えば、

野菜から果樹から酪農から・・・いっぱいあります。

その中で、みかんを選んだのは

農林水産省が公開している資料に、農業経営統計調査というものがあります。

それの品目別の農業所得と労働時間

農林水産省

農業経営統計調査 品目別経営統計 – 農林水産省 (※平成19年調査で廃止)

これ大事!!

いくら収入が良くても、労働時間が増えれば何をやっているのかわからなくなります。

簡単にいったら費用対効果が自分に合ってる品目を選びました。

これ間違うと地獄をみると・・・

年中休みなく働いたりしないといけなくなったりするのはザラです。

年中働きたいって人には良いかも!!

もし夢見て、考えなしに好きな品目だけを作るんだって人はつらい目に・・・

損益分岐点を計算しとかないと、生活していけなくなります。

もし、年収が300万欲しいと思ったら

仮に年間 100万/10a(一反)あがる品目だと、

年収300万欲しいなら、簡単にいって広さ30a(3反)は作らないとダメです。

それから経費等引いたら、本当は40~50aは作らないとダメかな。

最初にこれを計算して損益分岐点を出して、否が応でもその面積までを最低作らないとやっていけません。

趣味だったら別ですけど・・・。

そんなこんなで、色々考えた結果、あぐりは果樹を選択しましたとさ!!